綺麗な肌

皮膚の構造について

 

表皮

 

皮膚の一番表面の部分が表皮と呼んでいるところです。

 

角質という言葉を良く聞いたりしませんか?
その角質も表皮の一部なんです。

 

表皮の一番上にある、死んでしまった細胞(角質細胞)の層を角質層と呼んでいます。
その角質層の下にある生きた細胞(表皮細胞)と区別しています。

 

角質層

肌の一番表面にある、表皮細胞の死んだもの(角質細胞)でできているのが角質層といいます。
30%ほどの水分を含んでいます。

 

皮膚に触れる全てのものから体を守り、また内部の水分が蒸発しないように守るバリアの役目をしています。
角質層は、最終的には垢となって剥がれて脱落していきます。

 

角質層より下の表皮

角質層と異なって生きた細胞(表皮細胞)で出来ています。
65%ほどの水分を含んでいます。

 

外からの刺激に反応して、その情報を神経などに伝えたり、時にはアレルギー反応を起こすなど、いろいろな活動をしています。
つまり生きた一つの臓器なんです。

 

表皮は、顔では0.1mmほどの厚さを持って、約28日間かけてターンオーバー(肌の生まれ変り)をしています。
ただし、ターンオーバーは歳を取るとともに遅くなり、この層も薄くなります。

 

基底層は、表皮の一番下にあって、新しし表皮細胞が生まれる工場のようなものです。
また基底層にはメラノサイトがあって、紫外線に反応してメラニン色素を作り出しています。
これが黒ずみ原因になるんです。

 

メラノサイト

メラニンを作り出す色素細胞のことです。

 

真皮

 

表皮の下の部分にあたり、約70%はコラーゲンと呼ばれる線維で出来ています。
コラーゲンは真皮のなかに網目状のネットワークを作って、真皮の弾力を維持しているんです。

 

コラーゲンのところどころにエラスチンと呼ばれる別の線維があって、コラーゲンの構造を支えるように働いています。
これらの線維は古くなって弾力を失うことが、皺の最大の原因なんです。

 

以上の2種類の線維の周りを埋めつくすようにヒアルロン酸と呼ばれるゼリー状の物質があって真皮の水分を守っているんです。

 

コラーゲン

真皮の主成分です。ゴムのように弾力をもった線維です。線維芽細胞から作り出され、古くなったものは酵素などで分解されていきます。
コラーゲンの変性や減少が皺の主な原因なんです。
化粧品にも配合されますが、これは保湿成分であって、真皮に浸透して皺を治すものではありません。

 

エラスチン

コラーゲンの線維をところどころでつなぎ止めるようにして支えているのが、エラスチン線維なんです。
真皮の約5%を占めますが年齢と共に減少してしまい、これも皺の発生に大きく関係しています。

 

線維芽細胞

真皮の成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)を生み出し、真皮の構造を作りあげる働きをしている細胞です。